最大換金率98.6%が魅力の現金化サービス「タイムリー」の活用方法

現金化サービスのタイムリーは、クレカのショッピング枠を使って換金が出来ます。還元率が高いのが特徴で、直ぐにお金が必要であるなら、在籍確認や収入証明の確認が無い分、カードローンやキャッシングよりも使い易い部分があります。

タイムリーとは、どのようなサービスであるのか

クレジットカード現金化タイムリーは、クレカのショッピング枠を使用して指定された商品を購入し、店に買い取ってもらう事で換金を実現します。使えるクレカのブランドは、VISAやMASTER CARD、JCBやアメリカンエクスプレスカード、ダイナーズクラブです。
最大換金率は98.6%であり、他社と比較して高めの還元率を誇っています。申し込みから振込までの手続きは、オンラインで完了させる事が出来ます。営業時間は、年中無休で8時から20時までです。

タイムリーを使うメリットとは

タイムリーを使うメリットは、還元率の高さや最短5分で振り込みが出来る事、ネット銀行やモアタイム対応銀行などを使っていれば、24時間送金可能である事です。初回利用時に本人確認がありますが、基本的に審査がなく、収入証明を提出したり、在籍確認をしたりといった事は行われません。ネットで手続きが完了して来店する必要も無いので、遠方からの利用も可能です。
クレカを持っている事は必須ですが、クレカの所有者にとってはショッピング枠の残高があれば、いつでも使えるのがタイムリーが提供するサービスを使う利点です。現金化サービスは、クレカの機能を最大限に活用出来ます。

タイムリーの換金率は利用額で変わってくる

タイムリーでは、換金率が利用額で変動します。1万円の換金では換金率が93%、100万円を換金するなら98.6%にも及びます。額面に近い金額で現金にする事で、現金払いをするのに必要なお金を確保し易くなります。
換金率の高さは、利用者にとって必要なお金が目減りしない事に繋がります。

商品を購入した代金は、カード会社に支払う

現金化は、カードのショッピング枠を使って指定商品を買うので、支払いはカード会社に行う事になります。カードでの支払いは、分割やリボ払いを選べます。後払いになるので、今直ぐにお金が必要な人にとっては助かる仕組みです。
支払いの期日は、ユーザーが使っているカードによって異なります。
多くの場合、翌月・翌々月頃から支払いが発生します。分割やリボ払いは金利が発生するので、現金化した金額よりもカード会社に支払う金額が多くなってしまう事に注意が必要です。支払い能力が必要であるのはタイムリーの現金化サービスを使っていても同じであり、確実にカード会社に支払っていかないと、カードが利用停止されて、次回以降現金化サービスも使えなくなってしまいます。

まとめ

タイムリーは、クレカのショッピング枠の残高があれば、ネット申し込みでいつでも使える現金化サービスです。短時間で現金化する事が出来るので、急な出費が発生して、お金が欲しい時にはキャッシングやカードローンとは異なる選択肢としての利用が行えます。