お金の使い道って生活費以外にどういう使いみちがあるんだろう?

お金の使い道といえば、まずは生活費ですね。
これがないと今の世の中生きてはいけません。
住居費に食費に水道光熱費、日用品に被服費とかなりの金額を使うことになります。
お金の使い道としては、最も一般的でしかも必須な使い道です。
ではそれ以外はどうでしょう。
人はパンのみにて生きるものにあらず、と言われるように、人間生きて寝て食べてだけでは生きがいというものがありません。
なので、生活費以外のお金の使い道はその人生のやりがい、趣味、自分の好きなことを行うなどに費やされることになります。
もちろんこれは生活上必須の、生活費を賄った上でのことになります。
これを忘れていると、お金はどんどんと無くなってしまい、結果窮乏することにもなります。
お金の使い道はいくらでもありますし、欲しい物もしたいこともたくさんあって当然です。
しかしベースの使い道である生活費、これを無視しては生きるということ自体ができなくなります。
収入があった後には、まずこの生活費をしっかり押さえたいですね。
そしてそこから余った分で、自分お本当のお金の使い道で、消費をしていきましょう。
お金はもちろん生きていくために必要なものです。
しかし生きていくだけのことではなく、それ以外の、ちょと贅沢という支出も人間には必須なのです。
他人から見たら無駄遣いとも見える出費も、その人にとっては、生活ではなく生きていく上で必要な出費ということもあるのです。
お金の使い道は、ベースの生活費はともかくそれ以外のことでは、百人百様です。
自分にとっての、生きていくうちで何が何でも必要な、何かに使うということ、これはお金の使い道のうちで最も有用な支出なんです。
もちろん無計画に欲しい物だけ購入したり、衝動買いなどすることは後日の窮乏につながってしまいます。
お金の使い道はよく考えなくてはいけませんが、それでも時に、限られた予算内での自分にとっての有用な無駄遣い、キープしておきたいものですね。
それが人生を楽しくしてくれるのです。