仮想通貨を利用してクレジットカード現金化を行う方法について

クレジットカード現金化と聞くと商品券やブランド品、Amazonギフト券などを利用するイメージがありますが、実は仮想通貨を利用した方法が増えています。
仮想通貨の流通が進んだことにより、新たなクレジットカード現金化の方法としてポピュラーになりつつあります。
そこで実際にどのように仮想通貨を用いてクレジットカード現金化を行うのかについて解説していきたいと思います。

仮想通貨でクレジットカード現金化を行う方法とは?

仮想通貨でクレジットカード現金化を行うというと、何だか難しい作業のように聞こえますがそんなことはありません。
方法は実にシンプルで仮想通貨をクレジットカードで購入した後に、取引所において仮想通貨を売却すれば簡単に現金を調達することができるのです。
そのためにはまずはクレジットカード決済を行ってる仮想通貨取引所において口座開設する必要があり、その後仮想通貨を購入していくことになります。
重要なのはどの仮想通貨が良いかというよりもクレジットカード決済で購入できるかどうかがポイントですので、仮想通貨の種類は問いません。
後はクレジットカード決済で購入した仮想通貨を取引所で売却すれば、登録した自分の口座に現金が振り込まれるという算段です。

仮想通貨でクレジットカード現金化を行うメリットとは

仮想通貨でクレジットカード現金化を行う場合には通常の現金化よりも大きいメリットを享受できる可能性があります。
例えば仮想通貨の場合には値段の上がり下がりが存在しているので、購入して売却する際には値段が高騰していて換金率が100%近くになる可能性もあります。
また仮想通貨で現金化を行う場合には周囲にも現金化を利用しているとは悟られにくく、ただ単に仮想通貨を取引しているようにしか見えません。
さらに大きなメリットとしてはクレジットカード現金化におけるカード利用停止リスクを最小限に留める事ができる点にあります。
クレジットカードのショッピング枠で高額商品やAmazonギフト券を頻繁に購入したりするとカード会社に現金化を疑われカード利用停止リスクがあります。
しかし仮想通貨の場合には、第三者から見ても仮想通貨を購入しているだけですのでカード利用停止リスクが少なくなるということです。

仮想通貨でクレジットカード現金化を行う際の注意点

仮想通貨でクレジットカード現金化を利用する際に全くリスクが無いというわけではないので、よく注意して利用する必要があります。
第一にクレジットカード決済で仮想通貨を購入できる取引所が年々減少傾向にあり、そもそもカード決済で仮想通貨を購入できないケースも増えています。
特に国内取引所はカード決済での仮想通貨購入を行っていない所が大多数となってきており、現金化が困難な状況となっています。
ただし海外の仮想通貨取引所の場合にはクレジットカード決済を認めているところもあるなど、海外取引所に活路を求める必要があるので注意が必要です。
また仮にカード決済で仮想通貨を購入できたとしても、値段の上がり下がりによって換金率が上下してしまうパターンがあります。
値段が高騰した場合には良いのですが、値段が下がった場合にはその分換金率が低くなるということですので注意が必要なのです。

まとめ

仮想通貨でクレジットカード現金化を行う方法は、クレジットカード決済で仮想通貨を購入した後に売却して現金化するというものでした。
この方法でのメリットは、価格が高騰した場合には高い換金率になりやすい、カード利用停止処分を受けにくいことなどが分かりました。
注意点としてはカード決済で仮想通貨を購入できる国内取引所が少ない事や、価格が下がった場合は低い換金率となってしまう点が挙げられました。
仮想通貨を利用してクレジットカード現金化を行う場合には、上記した方法やメリット、注意点を一考してみてはいかがでしょうか。